[2013]クロ ド タール グラン クリュ モノポール/ドメーヌ デュ クロ ド タール モメサン Clos de Tart Grand cru Monopole/Domaine du Clos de Tart Mommessin 赤 750ml

価格: ¥62,000 (税込)
配送温度帯:
配送時の温度帯をドライ便・クール便からお選びいただけます。
※クール便ご選択いただいた場合、合計金額が変更となります。当店から確定合計金額等ご連絡をさせていただきますので今しばらくお待ちくださいませ。
納品書・領収書:
納品書または領収書をご希望の方は、こちらの選択肢からご選択ください。
数量:
在庫: 1個

返品についての詳細はこちら

AOC Clos de Tart(Grand Cru)
味わい 色調は濃く、集中度が高い。香りはカシスやグリオットなど黒い果実を連想させ、熟した梗がもたらすわずかなスパイシーさ。肉付きのよいボディには張りが感じられ、堅牢なストラクチャー。タンニンはキメ細かく、果実味の中にきれいに溶け込んでいます。柔らかさと力強さが渾然一体となっている。若いうちからも楽しめそうですが、長期熟成のポテンシャルは極めて高いワインです。
品種 ピノ・ノワール100%
タイプ
容量 750ml
備考 ※エチケット等に少々の傷がございます。 ご了承の上お買い求めくださいませ。
インポーター ラックコーポレーション

1141年から続く、モノポールのグラン・クリュ


クロ・ド・タールはモレ・サン・ドニの南端に位置する7.53haのグラン・クリュ。
今日まで900年近くの間、一切細分化されていない。

クロ・ド・タールの歴史は1141年まで遡り、シトー派に属するタール女子修道会によりこの畑が築かれた。 フランス大革命で国庫に没収されるまでこの修道会に属し、1791年に売りに出されると、マレ・モンジュ家がこれを買い取った。 そして1932年にモメサン家の手に渡る。
1932年以来、モメサン家の単独所有であったが、1997年にモメサン家はそのネゴシアン部門をジャン・クロード・ボワセ・グループに売却。 ただし、その時は一族の至宝であるクロ・ド・タールだけは手放さなかった。
2017年、シャトー・ラトゥールなどを所有するフランソワ・ピノーグループが買収し、クロ・ド・タールは2018年1月1日をもって 経営がモメサン家からフランソワ・ピノーグループ直轄のアルテミス社傘下になった。

一時期、評価を著しく落としたクロ・ド・タールではあるが、 ジャック・プリウールで働いていたシルヴァン・ピティオが1996年に支配人として抜擢され、品質をかつてないまでに高めた。
1999年には醸造施設を刷新。醸造法にも若干変更がみられ、以前の完全除梗から、年に応じて全房のブドウを加えるようになった。

ピティオ氏の後任として2015年に就任したクロ・ド・タールの総責任者であったジャック・ドゥヴォージュ氏は買収後も、 つくりの責任者としてドメーヌに在籍していたが、2019年にドメーヌを離れ、シャトー・グリエで醸造責任者を務めたアレッサンドロ・ノリ氏が引き継いでいる。



クロ・ド・タールの畑は300mX250mの長方形をしており、標高270〜300mの東南東向き斜面にある。
興味深いのは、コート・ドールの畑では珍しく、畝の方向が斜面に対し平行なことだ。
この畝の並びの利点は、雨による土壌の流亡防止。それから、朝日の面と夕日の面に太陽が当たるため、夏に東側を除葉する一方、西側の葉を残しておけば、柔らかな朝日をたくさん浴びつつも、西日による日焼けを防ぐことができるのである。
その反面、トラクターを用いた機械化が難しく、農作業は人の手に頼らざるを得ない。

植えられているブドウの平均樹齢は60年で、もっとも古い樹は100年を越える。
植え替えにはクロの中でマサル・セレクションした苗が用いられ、育苗のための圃場が用意されている。

また2006年から樹齢25年未満の樹を中心に、セカンドラベルの「モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ・ラ・フォルジュ・ド・タール」をリリース。 セカンドとはいえ造りはグラン・クリュとまったく同じであり、ワインのキャラクターもクロ・ド・タールとよく似ている。 ストラクチャーはやや及ばずだが、飲み頃が若干早めで、先に愉しめるといえる。

現在、アルテミス社の傘下でさらなる醸造設備、施設のリノベーションが行われ、ますますの品質向上が期待される。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

Wine Category

ラッピング

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 配送業務お休み

毎週水曜日、日曜日定休日
臨時休業がございます。

ページトップへ